JOIN句の条件にID=ID(結合条件)以外の制限条件を記述する


参考書でJOIN句の説明を見ると

といった記述をよく見かけます。
そのためJOIN句の条件はID=IDのような結合条件だけしか書けないものと思っていましたが、どうやら違うようです。

このようにBテーブルに対する制限条件も一緒に書くことができます。

これは

とは当然結果が異なります。

前者はB.AGE=30でフィルタリングした後にJOINしていますが、
後者はJOINした後にB.AGE=30のフィルタリングをしています。

ちなみに前者は

と記述することもできるようです。
というか私はこちらの方法しか知りませんでした。

どちらが読みやすいでしょうか?

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。