CakePHP2.xでStrictエラーがでる場合の対処方法

CakePHP本体は最新版を使っていれば問題有りませんが、少し古いプラグインを使った場合「Declaration of~~should be compatible with~~」といったエラーがたくさん出ることがあります。これはPHP5.4以降のエラー表示の設定に起因する問題です。

PHP5.4ではE_STRICTがE_ALLで表示されるようになったためです。
php.iniでerror_reportingをサクッと変えたくなりますが、CakePHPが上書きしてしまうため、CakePHP側を修正しなくてはなりません。

これで古めのPluginを使用してもStrictエラーに悩まされることは無くなります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。