PHPによるアクセス時のUser Agentの偽装


 PHPを介してWebページにアクセスする際に、何らかの理由でUserAgentを通常のブラウザにしておきたいことってありますよね。


 PHPからWebページにアクセスするには次の3つの関数があります。

  • file関数
  • file_get_contents関数
  • fopen()関数

 それでは本題です。PHPを介してWebページにアクセスする際のUserAgentを偽装する方法は、php.ini内のuser_agentのコメントアウトを外してやり、自分が偽装したいUserAgentの値を入れてやればいいわけです。例えばIE8であれば
; user_agent=”PHP”;

user_agent=”Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.04506.648)”;
と書き換えるだけで済みます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。