スピーカーの交換とデッドニング|ZC72S

必至に作業していたため写真がありません!

春になって暖かくなり、車いじりもできる季節になったのでスピーカー交換とデッドニングを施してみました。

スピーカー

スピーカーはKENWOODのKFC-RS171です。
KFC-RS170はディスコンになってしまい、ジワジワと値段が上がってきていたのでKFC-RS171をチョイスしました。

インナーバッフル

インナーバッフルはcarrozzeriaのUD-K526です。
アルパイン製のインナーバッフルと違い、UD-K526は穴開け加工が必要ありません。

デッドニング

デッドニングの材料は保温屋.comさんで購入しました。
ヤフオク:保温屋.com
楽オク:保温屋.com

サービスホールは鉛テープでふさぐのが一般的かと思いますが、この鉛テープがとても高い!

0.3mm厚の鉛テープ40mm×5,000mmが3,000円ですから1㎡あたり15,000円します。
ところが保温屋.comで扱っている鉛シートは930mm×500mmで2,400円なので1㎡あたり約5,161円。

この鉛シートの安さを見てデッドニングを決意しました。

鉛シート以外にもレジェトレックスやレアルシルト、レアルシルト・ディフュージョンなども適正価格で扱っていますので
送料などを考えると保温屋.comで一括購入してしまうのがお得だと思います。

購入した物

  • 鉛シート0.3mm厚:930mm×500mm
  • レアルシルト・ディフュージョン 1枚
  • レジェトレックス1000mm×500mm

感想

約3時間の作業と15,000円の金銭を使いスピーカー交換とデッドニングをした感想ですが、ノーマルと比べて大きく変化しました。
やる価値はあると思います。

残響が減ったため、もやっとした音がくっきりし、解像感が増しました。
低音もデッドニングのおかげでしっかりと前に出てきています。

自宅のヘッドフォンなどと比べれば、まだまだですが、車という環境を考えれば十分な音だと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。