天然氷を使ったかき氷

 千葉県で唯一?天然水を使った氷でかき氷を提供している三日月氷菓店(IE以外だと表示が崩れるので要注意)へ行ってきました。
 住所は「千葉県柏市柏1-5-5 谷澤ビル2F」です。

大きな地図で見る


残念ながら生白桃は品切れでした。次は早めの時間に行ってみたいです。
DSC_2451.jpg
まず全てのかき氷に共通することですが、氷が薄く削られ非常にふわふわしています。口に含むとサッと溶けていき、嫌な臭いや雑味は一切ありません。この氷のレベルが高いため、味付けにも相応のレベルが求められます。
ほうじ茶は芳ばしい香りに爽やかな甘さ、さらにお茶の渋みや苦みがほどよく合わさり、甘い物が苦手な男性にもお勧めです。
DSC_2452.jpg
続いて黒みつ+練乳。黒糖の芳醇な香りが特徴です。いつまでも口に残らない上品な甘みがおいしかったです。全てのかき氷の底にミルクアイスが入っているのですが、黒糖とミルクアイスの組み合わせは絶品でした。
DSC_2454.jpg
最後は宇治金時+練乳。抹茶の深い香りが印象的です。
ここで使用している抹茶はいわゆるグリーンティー的な抹茶ではなく、香りや粉っぽさからきちんと茶道でお茶を点てる際に使用しているお抹茶と同等のモノを使用していると思われます。
さらに素晴らしいのが、中に入っている小豆です。おしながきでは十勝産を自家製で炊いていると書かれています。小豆のツブがホクホクしており、甘さもくどくなく、非常においしかったです。
最初は抹茶+練乳、続いてホクホクの小豆にほどよい苦みで引き締まった抹茶、最後にミルクアイスと抹茶と最初から最後まで違った味わいを楽しめました。めちゃくちゃオススメです。
DSC_2456.jpg

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。