Cartalyst/SentinelとLaravel/Socialteを連携させる

Cartalyst/Sentinelにもソーシャルアカウントと連携する機能があるのですが、有料のパッケージとなっています。Sentinel自体、非常に使いやすいので、お金のある方はそちらを使用されたほうが良いと思います。

LaravelにもLaravel/Socialteというパッケージが用意されています。認証システムごとLaravel製に乗り換えてもよかったのですが、慣れているSentryも使いたかったので、SentinelとLaravel/Socialiteを連携させてみました。

すでにLaravelとSentinelの導入は終わっているものとします。

マニュアルに従い、composerでlaravel/socialiteをインストールします。

config/services.phpに各ソーシャルアカウントの情報を記録します。ファイル内に直接secret keyなどを記載するのは好ましくないので、.envファイル内に記載するようにします。

usersテーブルを変更します。本当はマイグレーションファイルを作成して、カラムを変更するべきなのですが、Sentinelのマイグレーションを実行する前だったので、直接変更してしまいました。必須ではない独自の項目なども入っています。適宜読み替えてください。

コールバックURLなどを有効にするためrouteの設定を行います。

どっかのページに、適当にログインリンクを作成します。

コントローラーを作成します

Sentinelにファンクションを追加します。

これでいけるはずです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。