DiCAPacα WP-610で水中撮影

沖縄でシュノーケリングをすることになったので、せっかくなら水中写真を撮ってみたいと思い
DiCAPacα WP-610[AA]を購入してみました。

まず手にして驚いたのが、ただの強化ジップロックだという点です。

ジップロックのパッキンを締めて、入り口を三回ほど折りたたみ、マジックテープで止める。

たったこれだけで水深10mにも耐えられる防水性能を得られると知りびっくりしました。
水深10mといったらダイビングでも十分に使える水深だと思います。

レンズについてはこの写真で分かるように、かなり抜けの良い写真がとれます。
簡易ケースでこれだけの写真が撮れるのはすごいと思いました。

水辺ならカメラを取り出すこともできますが、ダイビングやシュノーケリングそれもできません。
それで使用に際し気をつけたい点が3点あります。

  1. この写真を見て頂ければわかるように、ケース内でカメラがずれるとケラレが生じます。
    事前にケラレが生じない程度にズームするか、ケース内で位置を固定できるように
    発泡スチロールなどで調整しておくとよいと思います。
  2. 野外はかなり明るいので、背面液晶が見づらくなります。
    事前に液晶の明るさを最大にしておくといいです。
  3. 自動で電源が切れると1で調整したズームが戻ってしまうことがあります。
    どうせシュノーケリングは1時間程度なので、電源が切れないようにしてしまいましょう。

この3点は自分で使用して失敗したなと感じた点です。
この辺に注意していれば、かなりいい写真を撮れると思います!

これは銅鏡にピントが合ってしまった失敗例

ケラレないようにズームした結果

例えケラレても、トリミングすればいいし、ここまで取れれば簡易防水ケースとしては十分

動画

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。