EDCBで録画予約後にBonTsDemuxを使い自動で分離させるbat


タイトルがやたら長いですがw
EDCBで予約録画をした後、エンコードするための下準備としてBonTsDemuxで分離させるためのbatファイルの記述方法です。


EDCBのフォルダにbatファイルを置きましょう。名前は何でもかまいません。とりあえず「BonTsDemux.bat」とでもしておきます。

おっとその前に肝心のBonTsDemuxを探してこなくてはなりません。
BonTsDemux
最新版をDLしてきましょう。

さて動作としてはbatファイルを使い、BonTsDemux.exeをコマンドラインを使って呼び出すことになります。コマンドラインのオプションについてはBonTsDemuxに同梱されているテキストを読んでください。

BonTsDemux.exeがあるフォルダ\BonTsDemux.exe -i “$FilePath$” -o “分離後のファイルを置くフォルダ\$Title2$ $SDYYYY$$SDMM$$SDDD$” -encode “Demux(m2v+wav)” -start -quit

てな感じで記述したbatファイルをEpgTimerの録画後実行batに設定してやればOKです。

batファイル内で使える変数についてはEDCBに同梱されている「Readme_EpgTimer.txt」に詳しく書かれています。

上記のサンプルで使っている変数は
$FilePath$:録画されたTSファイルのフルパス
$Title2$:番組名
$SDYYYY$:録画開始年(4桁)
$SDMM$:録画開始月(2桁)
$SDDD$:録画開始日(2桁)

この辺をちょいちょい好みに合わせて変えていったらいいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。