Antec Nine Hundred Two V3を買ってみた

2011/01/21に発売となった本製品はNine Hundred Two(通称902)のバージョン違いとなっています。
ほとんどの機能は902と同等です。


902から902v3への変更点は下記の3点。どちらの変更も時代の流れに乗った正当な進化と言えます。

・フロントUSB3.0の追加&eSATAの廃止
・CPUカットアウトの拡大
・2.5インチデバイスを搭載可能

(902のマイナーチェンジで2.5インチベイは追加されてたみたいです)
皆さん気になるのは裏面のCPUカットアウトの範囲だと思います。
というわけで写真をみてください。しっかりバックプレート部分が見えるようになっています。
M/BはASRock P67 Extreme4です。
54465_01l.jpg
M/Bにより若干場所の違いがあるとは思いますが、これだけ広ければ大半のM/BでCPUクーラーの交換が行えるのではないでしょうか?

ただし、現在は発売直後なのでお値段が13,980円前後となっています。対して902は値段もこなれてきており10,000円前後で購入することが可能です。USB3.0とCPUカットアウトのために4,000円の出費を追加できるかどうかが分かれ目となります。(もちろん902v3のお値段が下がればBest buyな一品になること間違いなしです。)

それにしてもHDD周りの剛性はすごいですね。これだけガッチリしてれば共振は起こらないです。

CPU Intel Core i7 2600K@定格
CPUクーラー CoolIT Systems ECO A.L.C.
M/B ASRock P67 Extreme4
VGA GIGABYTE GV-R587OC-1GD
Memory A-DATA AX3U1600GC4G9-2G
SSD Crucial C300 128G
HDD WD Caviar Black WD1002FAEX
HDD WD Caviar Blue WD5000AAKS
HDD WD Caviar Green WD5000AACS
Case Antec Nine Hundred Two v3
PSU Corsair CMPSU-650HXJP
DVD Pioneer DVR-217

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。