Huawei IDEOS Sonic U8650をroot化した


IDEOS U8650をroot化したので、その防備録です。

Windows7 HomePremium 64bit上で作業をしました。
本体のAdroidのVer.は2.3.3です。

前準備

作業手順

  1. 設定→アプリケーションの「高速ブート」がオフになっていることを確認。
  2. 電源を切る
  3. Volume-と電源ボタンを長押ししてfastbootで起動する。
    5秒などと言われていますが、思いっきり長押しの方がいいです。押し込み時間が短いと普通のブートになってしまい、二度手間になります。
  4. Huaweiのロゴで止まったらfastboot成功です。PCとつなぎましょう。
    Windows7では自動でWindowsUpdateからドライバがインストールされました。
  5. ClockWorkMod Recoveryを導入。
    前準備でDLしたファイルを解凍して「install_recovery.bat」を実行します。一瞬コマンドプロントが出れば成功。
  6. 再起動してClockWorkMod Recoveryの画面になったら、Volumeキーで上下、電源ボタンで操作できます。
    「- install zip from sdcard」を選択。
    前準備でSDカードに入れておいたSuperuserをインストールしてください。
  7. 再起動して終了。

これでスクリーンショットが取れるぞ!

関連記事

“Huawei IDEOS Sonic U8650をroot化した” への1件のコメント

  1. […] 大変参考になる記事を書いてくださっていたのがこちらのサイト。この通りやったらできたので、同環境の方ならきっと大丈夫だと思います。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。