これですっきり!自炊で増えていく蔵書を管理する


自炊により日々増えていく蔵書の電子ファイル。
綺麗になっていく本棚と軽快なスキャナーの動きを見て満足していたのも束の間。
これ以上ファイルが増えるまえに整理しないと!
と危機感を持ち、どうすれば簡単に蔵書管理ができるか考えてみました。

ファイルの命名規則を決める

まずはどんどん増えていくPDFファイルやZIPファイルの命名規則を決めました。

(カテゴリ) [著者] タイトル (ISBN).zip

カテゴリには「小説」「専門書」「コミック」「歴史」など大まかなジャンル分けをしました。

著者とタイトルはそのまま。基本的にはamazonからデータを引っ張ってきています。

そして最後のISBNですが、これは書籍に付与される国際標準番号で、このISBNがあれば書籍の特定はできるようになっています。
一般的な蔵書管理アプリにもISBNを記録する欄がありますので、とりあえずISBNを記録しておけばデータをコンバートすることができるはずです。

上記の命名規則からISBNを抜き出してテキストファイルに保存するVBSはこんな感じです。
ISBNを抽出したいファイルがあるフォルダ内に「ISBN.vbs」とでもファイル名を付けて下記のコードを保存します。
ISBN.vbsを実行するとISBN.txtというISBN番号をファイル名から抽出したファイルが生成されます。

※サブフォルダは無視します。
※ISBNは10桁から13桁まで対応

蔵書管理するソフト

以前から利用していたMediaMakerを引き続き利用します。
ISBNを入力するだけで、Amazonから情報を持ってきて蔵書管理をしてくれるのでお手軽です。
未読・読中・読了などの進捗状況を記録できたらり、欲しいものリストを作ったりすることもできます。

その他にもWebを利用した蔵書管理サービスはいくつかあるので、自分の環境にあったサービスを利用すると良いかもしれません。

せっかく自炊(電子化)したのに

せっかく自炊(電子化)したのに、蔵書管理しないまま放置するのはもったいないです。
整理整頓することでより一層快適な読書Lifeを送れます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。