WindwosHomeServer2011で3TBのRAID1を構築

円安が続きHDDの値段も急騰しそうなので、急いで3TBを2台購入しWindowsHomeServer上でRAID1を構築しました。

サーバーマネージャーを起動し、記憶域→ディスクマネージャーと選択します。
ss1

まずは新しいディスクのフォーマット。
今回は3TBのHDDなので必ずGPTを選択。そうしないと2TBまでしか認識しません。
ss2

フォーマットが終わりました。
ss3

ディスク0を右クリックして、新しいミラーボリュームを選択。
ss4

ウィザードが開始されます。
ss5

ミラーリングするHDDを選択して追加します。
ss6

この辺は各自の環境に合わせて選択。
ss7

アロケーションユニットサイズは「既定」か4096を倍数します。
ss8

完了を押すと処理が実行されます。
ss9

無事にディスク0とディスク1がミラーリングされました。
ss10

これだけ簡単にRAID1が構築できちゃうんですね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。