GoogleReaderが廃止されるのでTinyTinyRSSを導入する

愛用していたGoogleReader(RSSリーダー)が「春の大掃除」により7月1日で廃止されるようです。
Powering Down Google Reader

RSSリーダー自体が下火なのでしょうか。良い代替サービスが見つかりませんでした。
そこでちょっと難易度はあがるのですが、オープンソースのTinyTinyRSSを導入して見ることにしました。

必要なもの

  • PHPとMySQL or PostgreSQLが導入されているサーバー
    (データベース管理ツールのphpMyAdminやphpPgAdminがあると便利です。)
  • TinyTinyRSSのプログラムをダウンロードする

    TinyTinyRSS Wikiにアクセスし、ページ最下部にあるDownloadからファイルをダウンロードしましょう。
    記事作成時の最新バージョンは1.7.2でした。
    1.8にバージョンアップされ、ファイルの置き場所もgithubに変更になりましたので、アドレスを変更しました。

    v1.8

    11

    インストールする

    インストールの手順はInstallation Notesに書かれています。

    1. ダウンロードしたtt-rss-1.7.2.tar.gzを解凍する。
      解凍したフォルダは「tt-rss」とでもしておきましょう。
    2. schemaフォルダから各DBに合った.sqlファイルをテキストエディタで開く。
      私はMySQLを使用しているのでttrss_schema_mysql.sqlを開きました。
      12
    3. phpMyAdminのSQLに先ほど開いたファイルの中身をコピーして実行
      13
    4. SQLの実行が完了すると必要なテーブルが作成されます。
      接頭語に「ttrss_」が付くので、レンタルサーバーなどでDB数の制限がある場合でも、テーブル名が重ならずに運用できると思います。
      14
    5. 解凍したフォルダのconfig.php-distをconfig.phpにリネームして先ほど作成したデータベースとの接続設定や基本設定をする。
    6. tt-rssフォルダごとサーバーにアップロードする。
    7. ブラウザから先ほどconfig.phpで設定したSELF_URL_PASSにアクセスする。

    全て正しく作業できていれば、これでTinyTinyRSSのメインウィンドウが表示されます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。