SentinelのusersテーブルでSoftDeleteを使用する

Laravelの認証パッケージで有名なSentinel(旧Sentry)でusersテーブルをSoftDeleteする方法です。

ちなみに私は\app\modelsにmodelファイルを保存していますので、適宜読み替えてください。

Userモデルを生成します。
modelを定義する際、Sentinelのモデルを拡張する形で定義します。

Userモデルを作成したらSentinelのconfigで使用するモデルとして先ほど作成したUserモデルを指定します。

これで

とした際にもSoftDeleteが有効になります。

Laravel リファレンス[Ver.5.1 LTS 対応] Web職人好みの新世代PHPフレームワーク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。