WebalizerをWindows 2008 Web Serverにインストール


 ログ解析ツールで有名なWebalizerをWindows 2008 Web Serverにインストールしてみます。


 まずIISの設定でログの保存形式をNCSAにします。
 あとはログ保存先の確認。
 Webalizer本体をhttp://www.mrunix.net/webalizer/download.htmlからDLします。最新Ver.のWindows用binaryファイルは用意されていないようなので、「Previous versions」から「webalizer-2.01-10-win32-bin.zip」をDLしましょう。
 解凍してできたフォルダを任意のフォルダへ移します。
 同梱されていたsample.confをwebalizer.confにリネームします。以下は設定例です。

28行目
#LogFile /var/lib/httpd/logs/access_log

LogFile C:\ログファイル保存先

42行目
#OutputDir /var/lib/httpd/htdocs/usage

OutputDir C:\Web公開先

 その他の細かい設定については別途ググってください。
下記内容のBATファイルを作成します。

cd C:\webalizer保存先
webalizer.exe -c webalizer.conf
exit

 あとはこのBATファイルをタスクで定期的に実行するだけで、ログファイルの集計をしてくれます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。