SimpleXMLの使えないPHP4でXMLを簡単に処理する

  • 2008/08/22
  • PHP

 PHP5にはSimpleXMLという非常に便利な機能があります。XMLをオブジェクトに入れるだけで簡単にXMLの要素を取り出すことができます。
 しかしレンタルサーバーによっては、いまだPHP4を提供しているところも数多く、XMLの扱いに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?しかも提供されているAPIの多くはXML形式で返してきます。思わぬところでXMLを使わなければいけないシーンに出くわすこともあるでしょう。
 そんな訳で、今日は便利なライブラリを紹介します。


PHP XML Libraryという名前で、下記のリンクからDownloadすることができます。
Keith Devens .com(PHP XML Library)
使い方は簡単!

includeで先ほどDownloadしたファイルを読み込み、XML_unserializeという関数にxmlファイル渡してあげれば$dataに配列に変換されたデータが格納されます。
ね、簡単でしょ。


環境によっては日本語が?????と変換されてしまうことがあります。その場合はxml.phpに修正を加えなければなりません。
この部分を下記のように書き換えます。
実は書き換える場所は1カ所ですけどねw

の部分です。これで??????の部分も正しく表示されるようになります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。